古着の寄付

スポンサードリンク

日本ではすっかり豊かになって、着なくなった洋服をそのままにしてタンスに眠らせてしまったり、捨ててしまったりすることがごく当たり前のことになっています。ちょっと気の利いた方法だとリサイクルショップに売りに出すというところでしょうか。でも、ちょっと考えてみてください。日本や先進諸国を除く世界のいたるところで、紛争や戦争が日常的に起きているということを。紛争や戦争は貧困をもたらし、今日着るものにも困っている人々が、何億人という単位で存在するのです。皆さんが着なくなった古着を寄付することによって、そういう人たちの役にたてるのです。自分にはもう不要になった古着を寄付することで、世界の見たことのない地域の誰かの役に立てるなんて、すばらしいと思いませんか。もちろん日本の国内にも、喜んで古着を受け取ってくれる人々がいます。各地のボランティア団体が、古着を回収して日本国内や海外に届ける活動を続けています。もしあなたのタンスのなかに何年も出していないような古着があるのなら、その古着を寄付するということを考えてみませんか。

古着の寄付支援

古着を寄付するときに心がけておくことが、いくつかあります。例えば、ぼろぼろで着られなくなった服を送るなんて言語道断です。そのようなことは、ごみを送るのに等しい行為です。自分が受け取る立場に立って考えれば分かると思います。古着を寄付するということは困っている人々を支援するということです。最低限、ちゃんと着られる服、リサイクルに出しても買取ってもらえる服と考えれば、古着を寄付するときの目安は分かるでしょう。送り先の国の事情をよく考えることも大事です。国によっては「夏服のみ」や、「冬服のみ」となっていることがあります。梱包の仕方にもコツがあります。古着は入念に滅菌したうえでしっかりとたたみ、ビニール袋のなかに隙間ができないように入れます。さらにビニール袋は空気を抜き、ダンボール箱に入れ、しっかりとガムテープで封をします。輸送途中で荷崩れしないようにコンテナに隙間なく積み込まれるので、ダンボール箱は丈夫なものを用意しましょう。必要としている人々に使っていただくという気持ちを忘れずに、古着を寄付するための作業に、丁寧に取り組んでいきましょう。

古着の寄付とボランティア活動

東京はもちろんのこと、札幌や名古屋、京都、大阪、福岡など日本全国にNPOや市民で作っているボランティア団体などが活動を続けています。化学繊維の混紡物の洋服が多い現在では、焼却もままならず古着がゴミとして埋められているが現実です。多くの団体は、たくさんの古着がリサイクルできないでいるというこの問題を解決するため、また少しでも無駄を出さず、困っているひとの役に立てたいということで古着を寄付する活動を続けているのです。古着を寄付するサイトも多数あり、古着を扱うブログだけでも100以上あります。古着を寄付するボランティア団体の多くは、経済的に苦しいなかをなんとかやりくりしてやっているのが実情です。古着の寄付を募集している団体が全国各地にありますが、どのような衣服を募集しているのかは、各団体によって様々です。また、ボランティア団体の人手の関係で、仕分けや発送が間に合わない時や、幸いにも充分な量の衣服が回収できている場合などは活動を休止していることがあります。ボランティア団体の現状というのもよく確認しておきましょう。

本日最速情報


おみくじは 中吉


ラッキーカラーは 卵色


ラッキーな場所は 映画館


最終更新日 2014/09/15/ 13:42:25

スポンサードリンク